パレートの法則(2:8の法則)で正当化するスクールの罠

Pocket

こんばんは!
松本です。

今の物販スクール、コミュニティの集客とか
ノウハウの伝え方とか
遠巻きに見てて思うこと。

なんで?そこまで業態、業種、プラットフォームに拘る?

ノウハウがそれしかないから?

・業態とは 国内?輸出?輸入とかで
・業種とは 主な扱い品 家電新品とか CD中古とか
・プラットフォームとは アマゾン、ヤフー、楽天など

私から見たら初心者には
ハードルが高すぎる組合せだなぁと思うことが最近多いです。

一昔なら初心者でも稼げた手法ではあるが
現在の環境から見たら
これでは稼げる人は2割いないだろうなと思ってます。

だから最初は不用品販売のノウハウを伝えてる。
なんて正当化して言ってるけど
そんなのノウハウ、コンテンツではない。

だって、こんな事ちょっとググれば
いくらでも出てくるものです。

または100円均一で商品仕入れて
FBAにまとめて送付
低価格で数をこなして
アカウントを強くしましょう!
なんて事がスクールの期間に入っている。

そんな事している間に期間は
どんどん過ぎていくことでしょう。

私だったら、これは一つのコンテンツとして
格安で販売しますね!

それで、このコンテンツを達成したら本契約みたいに

でも、最初のコンセプト自体
好きになれないから、やらないけどね!

だからといって、どこかのスクールを
ディスっている訳ではなく
もう少し初心者にも分かりやすく
説明するべきと思うんです。

例えばアマゾンなら
・10人中9人は10万点の商品を出品したら
 半年間で必ずサスペンドになります。

・引当金が発生するので
 無在庫と行ってもキャッシュフローは悪いです。
 だからお金が無くなる可能性大ですので
 借金する準備をしておいて下さい。

なんで、こういう大事なこと
先に言わないんだろうか?

言ったら入会する人いなくなってしまうから?

だったら、主催者は時代の流れに対応できるよう
もっと勉強すべき。

2割の人がサスペンド、引当金に耐え抜いて
稼いでいるんだから、それで良い?
世の中、パレートの法則で動いているんだから
2割の人が稼げれば問題ないって?

確かに正論のようですが
私には絶対できないです。

だって8割の人は
なんで最初に言ってくれなかったの?と
思いながら辞めていくわけです。

何となく詐欺っぽいなぁーなんて思いながら。。。

8割の人に、そんな風に思われてまで
自分が、やりたい事なんて
私には言えないです。

ノマド生活だの何だのなんて

そんな事で稼いだお金使って
自分は悠々自適な生活。

絶対なりたくないですね!

確かに集客のためには
輸出とか輸入のワードは大事。
カッコいいよね!
なんか自分も国際的に活躍するビジネスマンみたいに。

でも、その前に伝えること
・リスク
・キャッシュフローシュミレーション
・稼げる確率
最低でも、ここは入会前に伝えるべき。

私も輸出、輸入はメンバーに伝えたい。
でも最初からでは無く
小学生で言えば高学年になってから

低中学年のうちに伝えて
しっかり習得すべきことは
たくさんある。

それをクリアしてから
貿易にチャレンジ。

どうですか?
このようなストーリー性を持ったスクール。

常に物販ゴリゴリやってる私だから
言えると自負してます。

だから逆2:8の法則で運営出来てます。
いや2:8でないな。
1:9 いや それ以上だな。

あ!なんだかんだ言いましたが
輸入のSHUHARIだけは違いますよ!

きちっとリスク全般をお話してますから!

スクール選定はノウハウ、ツールではない。
いちばん大事なのは
経営センスを磨けるかどうか

こういった事を学びたい方は
私のスクール勉強会に来てみないですか?
何回来ても無料です!

成功までの近道を
常に説いてるつもりです。

それが無在庫ネットリサイクル販売業

ネットリサイクル販売業は
これから、まだまだ市場が伸びて
明るい未来が見え
安定して稼げるビジネススタイルです。

ただでさえサスペンドリスクが無い
安全経営戦略の上
リスク分散型の多販路戦略。

1モール多店舗のように
プラットフォームの機嫌悪くなると
ビビるような事も皆無。

あなたもいかがですか?

無料で誰でも参加できる
SSSSチャット

チャットワークID:doriem

チャットワーク上で私にコンタクト依頼下さい。

経営雑学、物販トレンド、無料勉強会情報など
有益情報満載です。

私のビジネススタイルを
学んでみたい方
知りたい方
興味ある方は下記よりお問い合わせください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.