転売ビジネスはやましくない。未来志向の産業だ

Pocket

こんにちは。
はじめまして。松本と申します。

私が転売ビジネスを始めた理由は(きっかけは後程、記事にします)
まだまだ未熟な業界で、完成されたビジネスでなく
個人が充分参入できる業界だから・・・

業界のライフサイクルは、一般的に「導入期―成長期-成熟期-衰退期」の順番で変遷します。

転売ビジネスという業界?市場自体存在するか?どうか分かりませんが
間違いなく私が始めた5年前含め今も「導入期」かと思います。

私は前職がドラッグストア勤務で入社したのが20年前。
ちょうど「導入期」でした。

当時は薬屋が「なんで食品売ってんの?」なんて白い目で見られてました。
今、転売も白い目で見られてますが・・・

元々、薬屋クソ商売って言われる位、薬って儲かったんです。

薬が儲かるから集客でチラシをまいてティッシュとか食品を安く売る。
場合によっては卵とか赤字でも目玉商品で販売してました。

それでも儲かるから、その辺の知識のない「小さな薬屋さんのオヤジさん」も
真似するだけで儲かり御殿が立った。なんてことが良くありました。

そう!私は「小さな薬屋さんのオヤジさん」であり真似するだけで
稼げるから!このビジネスを始めたんです。

お金も無い。コネもない。知識もない。マネするだけで成功する道筋を作れる
この転売業界に魅力を感じたから始めたんです。

今ではドラッグ業界も衰退期に入り勝ち組、負け組がハッキリしてきたと思います。
皆さんも良く知ってる○○○○キヨ〇とかカワ〇薬品とかが勝ち組です。

勝ち組の企業は、成長期にボランタリーチェーンを作り、仕組化し
成熟期に差別化する。

ボランタリーチェーンって何やねん・・・という方には、後日記事にしたいと思います。
ググってみると
独立小売店が同じ目的を持った仲間達と組織化し、チェーンオペレーションを展開している団体をいいます。
ボランタリーチェーン(VC)には、フランチャイズチェーン(FC)と同様に加盟店を指導する
チェーン本部が存在しますが、加盟店が主体となっているため、
加盟店同士の横のつながりがある(相互助成が可能である)のが特徴です。
となってますね。

これから、この転売業界も成長期の入り口に差し掛かる段階かな?と
考えます。何故なら、私の師匠、大越さんが
ツール+コミュニティ+コンテンツと言う転売業界のボランタリーチェーンを構築したから!

大越師匠のブログ

私は転売しながら頭の中で、「転売のボランタリーチェーンを作るには」なんて
いつも考えてましたが、この業界では難しいな・・・と悶々としてました。
でも、このままだと自分も負け組になるかも・・・と

大越さんに出会い「これだ!」と思い早速、大越さんの門下生になりましたが
これから師匠と一緒に大越グループをしっかりとした競争力のある
ネット物販のボランタリーチェーンを作っていけたら
こんな素晴らしいことはないと思います。

自分自身が成長することで属するグループも成長する。
勝ち組になる為のステップに出会えたこと感謝しております。

私もこの記事が最初となりますが
いづれお弟子さんを募集し、一緒に
内職で始められる夢のある!儲かる事ができる仕事を
一緒に出来たら、どんなに素晴らしいことでしょう!

まだまだパソコンに詳しくない人が参入できる余地のある
転売業界。いかかでしょうか?
それも在宅で実現出来るんですよ。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

doriem

プロフィール情報