無在庫のワナにひっかかるな

Pocket

こんにちは
松本です。

儲かる商売って何ですか?

——————————————————–
私のスクールは案内しませんが
私が属し実際運用している
○○○のキャンペーン

私のネット物販の柱となってます。
月商500万の間違いのない手法
今までにない魅力的な特典あるようです。

この特典が魅力的です。
山籠もりし準備しているそうです。

本日 18時より案内しますのでご期待ください。
——————————————————–

儲かる商売を
判断する上で大きな基準

交差比率

また・・・難しい事言ってる
と思う方は物販やらない方が良い。

それだけ「交差比率」って大事で
ここを理解できない または
コントロール出来ないから

俗に言う「黒字倒産」に陥る経営者が多い

サービス業で倒産するケースは
このパターンが多いです。

交差比率=粗利益率×在庫回転率

帳簿上は儲かっているように見える。
でも仕入金を支払おうと思ったら
お金が無い!ってケース

キャッシュフローとは別の考え方で
ここを管理しないといけません。

キャッシュフロー経営の中の
一つの考え方と言えば良いかな?
私のブログ内で何度かお話ししてますので
ここは割愛します。

では「無在庫」だから良いの?となると
そんなことは無い。

本当の意味での無在庫とは

1日の売上金が、その日に回収できる事

ではネット物販をするにあたって
3大プラットフォームを検証すると
売上金回収(在庫回転率)で最悪なのは

アマゾン

ヤフーは5日、楽天とアマゾンは2週間だが
アマゾンは更に引当金が発生する為
さらに伸びる。

そして粗利益率で最悪なのは

アマゾン

プラットフォームの手数料率で計算すると
ヤフー6% 楽天10% アマゾン12%
正確には粗利益率ではありませんが考え方としてです。

だから「無在庫」なのに
資金繰りでショートするってのは
このアマゾンの殿様商売に原因があるんです。

私がアマゾン嫌いという理由はコレです。

私のアマゾンアカウントは
引当金なし 毎日入金の
オールドアカウント

アマゾン開始して2,3年で
年商2億とか3億とかの
パワーセラーに私が勝てる原因は
ここです。

知っている人いると思いますが
そのパワーセラーが安くすれば
追従するって事、今でもやってます。

何故なら資金繰りが全然違うから

やる気になれば徹底的に
商売として戦っても勝てるでしょう。

でもそこまでしないのは
スタンスが全然違うから

リスク分散、キャッシュフローの観点から
商売としての将来性、安全安定経営を
目指すための多販路戦略

ちなみに他販路ではありません。
多販路です。

この違い分かるかな?

スクールメンバーなら分かりますね!

とは言え利益率を高める事が
出来ればアマゾンも交差比率が上がります。

交差比率が上がれば
売上最強のアマゾンが一番強い!

この手法は私が知っている限り
石塚さんしかいないですね。

と言うことで
私の運営スクールは今お腹いっぱいですので
募集はしませんが
無在庫最強軍団 人脈作りの入口を
本日18時に案内いたします。

乞うご期待!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.