儲かる商売ってなんだ?

Pocket

こんばんは
松本です。

会社の決算が10月と
中途半端な月に設定してまして
間もなく半期が過ぎようとしてます。

そんなこともあり会計事務所に
この前、書類等提出しがてら
雑談してきたのですが
儲かる商売の基準について
話してきました。

今のトレンドというか
儲かっている会社の特徴は
身軽な企業。

土地、建物などの余計な資産を
なるべく持たず
在庫を出来る限り持たない。
かつ在庫回転率を高める
努力をしている企業が強い。

だいぶ前に記事にした「交差比率」

この交差比率で会計事務所の
先生方は顧客企業の行き先を
判断しているらしいです。

交差比率=年間在庫回転率×粗利益率

ここが300%を超えていると安定経営。

では、我々無在庫商売はどうか?

厳密に言うと無在庫とは
在庫を持たない事に加え
現金回収が販売と同時である事。

この事から3大プラットホームで
無在庫販売を行った場合
・仕入原価7000円
・販売価格10000円
これを月間100個販売し売上100万円と仮定

アマゾン 現金回収2週間=年間在庫回転率24
利益率は約12%アマゾン手数料で引かれるので18%
24×18%=432%
※更に引当金が30万ある場合9日ほど在庫日数が伸びる。
そうすると年間在庫回転率は15.9
15.9×18%=286%

楽天 現金回収2週間=年間在庫回転率24
利益率は約8%手数料で引かれるので22%
24×22%=528%

ヤフー 現金回収5日間=年間在庫回転率72
利益率は約6%手数料で引かれるので24%
72×24%=1728%

これから言える事は
アマゾンは儲からない仕組み。

勿論、同じ商品を同じ価格で販売したなら
売れ数はアマゾン>楽天>ヤフー
だが、それでもアマゾンがヤフーの
2倍売れる事はあり得ない。
仮に2倍売れたとしても
交差比率はヤフーに全然かなわない。

そうです!アマゾンは出品者泣かせです。
引当金があると300%を切る
危険ラインですからねぇ・・・

ですのでアマゾンで販売する場合は
高粗利戦略に舵を切らないと
将来性は無いと断言できます。

この高粗利戦略コンテンツとツールを
持っているのは私の知る限り
MYCのTEAM SHUHARIくらいかな

だからアマゾンやるならSHUHARI
ヤフーやるなら私の運営するスクールSSSS

最近は商人としての思考
将来、どのように他販路販売を
いつまでに、どのような形で などなど
勉強会でお伝えしてます。

特にSSSSでは
開始1か月ちょっとで
次の販路に動き出してます。

ガンガン売って
たっぷり儲かる商人的思考
あなたもいかがですか?

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

doriem

プロフィール情報