あなたは「逃げて」売上落としてませんか?

Pocket

こんにちは。
松本です。

風邪ひきました・・・

咳は止まらないし
節々痛い・・・

明日ワークショップなのに・・・
参加する方々に、うつしたらマズい。

何とか気合と根性で直さないと
と薬&強精剤で頑張ってます!

最近、チャットしてて思う事。

「リスク回避」と「逃げる」は全く違うと言うこと。

例えばアマゾンのカート取得条件
・売価 ・配送日数 ・アカウントの強さ

全ての条件が揃って
売れるようになる。

分かっていても
配送が遅いとたて続けにクレーム
あったりすると
だんだん日数を遅めにしてしまう。

この行動は「逃げる」ことで
売上も反比例で落ちていく。

それで良いのかな?

もっと考える事は無いのでしょうか?
他のセラーは出来ているのに
なぜ自分は出来ないのだろう・・・
とは思いませんか?

それは他のセラーが
「リスク回避」しているからです。

同じ設定、同じ状況でも
苦情が来ないようにするには?
もっと配送を早くできないか?
を考え行動している。

配送日数は変えない工夫をしている。

あなたはいかがでしょうか?

リスク回避していたつもりが
逃げていて気がつかないうちに実績ダウン。

「1」と言う数字を変えるだけで
売上も粗利も全然変わるのが
物販の世界です。

逃げる行動に陥りやすいと思うなら
やっぱり日報をつける習慣が大事です。

日報と言っても数字主体の時系列日報。
言葉は簡単で良いと思います。

売上に影響する設定数値を縦軸
売上高、粗利高、カート獲得率も縦軸。
日付は横軸。

このように管理しておくことで
実績の良し悪しが掴めるようになり
売上コントロールが出来るように
なると思います。

実際、私は月の売上に関して
今月は売上良すぎるな・・・
と言うときは
ポイント率を下げてみたり
利益率設定を上げてみたりして
粗利率アップに走ります。

ポイント率を〇〇%にすれば日販〇〇円
利益率を〇〇%にすれば日販〇〇円

過去の時系列データから
先読み出来るようになってきます。

こういった情報を共有するために
コミュニティ内で時系列日報を
半強制的に実施する予定です。

コミュニティメンバーは
全員が他メンバーの数値を参考に
売上コントロールできるように管理者を選定。
全員の実績アップにつなげる。

実施したい事、まだまだ
たくさんあるので次回以降
記事にしていきたいと思います。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.