アマゾン輸入 高粗利益カテゴリー分析をしてみました。

Pocket

こんにちは。
松本です。

最近、気になっている事が
過激なポイント付加合戦。

きっと、これでもか これでもか!と
微妙にポイントで上回り自己満足。

結果、体力消耗戦に陥り
粗利ダウンとなる。

私は、15年ほど小売業で
サラリーマンしてましたが
ソックリな現象となってます。

これを脇目に見ながら戦略を
考える事が大事で
経験上、戦略をズラす必要が
出てきます。

名付けて
「カテゴリー強化作戦」

しっかり儲かるカテゴリーを強化して
ポイント合戦になっても
負けない、しっかり利益を
上げられる体質をつくる。

と言うことで儲かるカテゴリー
ベスト10を単品分析からPDFに
してみました。

高粗利率カテゴリー

マスキングしてありますが
ここは無制限に公表するべきでなく
今まで私のスカイプコンサル、コンサルを
受けて頂いた方、またはこれから受けて頂く方のみ
感謝の意味もこめ、お伝えしたいと思います。

興味ある方はチャットでご連絡下さい。
URLをお伝えします。

この表を作った理由は
コンサルを受けて頂いた方からの相談で
1日3~4個の販売数で
月10万~20万程度の収入の副業として
時間を有効活用したいとの声からです。

どちらかと言えば
私が伝えてきたことは
がんがん売りまくって売上300万以上を目指す。

副業レベルでの考えをお伝えできてなかったと
反省しているからです。

この高利益カテゴリーに特化して
出品していく。

まだ検証してませんが
きっと売上100万 利益15万~20万は
確実に行くと思います。

検証せずに・・・と思うかも知れませんが
そこは私の経験上、数字が読めるからです。

地方のローカルチェーンでしたが
一応、バイヤー、エリアマネージャーなども
経験していたので自信はあります。

更に・・・

このカテゴリー特化戦略と
今までお伝えしてきた
値入ミックス手法を取り入れれば
ポイント合戦に負ける事は
ないでしょう。

Yさん。応援してますよ!
Yさん。っていっぱいいるな・・・
そうあなたですよ!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

doriem

プロフィール情報