差別化のために代金引換を取り入れよう

Pocket

こんにちは
松本です。

最近、アマゾン輸入で今まで使用していた
アメリカ側の転送会社を使わず
アメリカの友人に転送をお願いしました。

日本では自社で受け
お客様へ配送する仕組みづくり。

経費を抑える目的は勿論ですが
一番実施したかったこと。

それは代金引換です。

代金引換を行うことのメリット。
・ネット販売に不安を持つ方に
安心感を提供できる。

・他のセラーは殆ど実施していないので
差別化し売価面で優位に立てる。

・自社口座に現金振り込まれるので
キャシュフローが良い。

デメリット
・受取拒否のリスク
いたずら等で送料損する。

私は楽天、ヤフーで代金引換を
設定してますがお客様の
支払方法を分析してみると
・クレジットカード70%
・代金引換20%
・他の方法10%

この事から代金引換を
導入する事は魅力的。

受取拒否も50件に1~2件は
発生しますが、この程度であれば
リスク処理できる程度。

代金引換しないセラーさんは
ここを一番気にしてるようですが
効果VSリスクの発想にすれば
絶対やった方が良いかと思います。

アマゾン輸入を実施している方は
この差別化手法いかがでしょうか?

間違いなく売上、利益とも
10%~20%のONが見込めるし

実践記は来月あたり記事にして
効果をお伝えしたいと思います。

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.