楽天vsヤフーvsAmazon。モール別戦略。

Pocket

こんにちは。
松本です。

物販ネットビジネスをやってみたい初心者の方に
おすすめ!最初はメルカリ等のフリマ
スマホだけで簡単出品できるので
要領を覚えるためにも良いと思います。

次はSATS アマゾン輸入で
本格的に大きく稼ぐ事にチャレンジして欲しい。
アマゾンの仕組み、SATSの仕組みともに
初心者でも稼ぎやすいパッケージですので
副業でお考えの方、主婦の方など
空き時間を利用して楽しく稼げるので
おすすめです。

ある程度、アマゾンを理解したら次は
ヤフーショッピング、楽天です。

各ショッピングモール、それぞれに
メリット、デメリットがあり難易度もあるので
Amazon→ヤフーショッピング→楽天が
ステップ的に良いと思います。

私が3つのモールを展開している
一番大きな理由は粗利益率の違いです。

そこで私の実施している各モールの
売上、粗利を掲載してみます。

売上構成比 粗利率 相乗積
Amazon 50% 20% 10.0%
ヤフー 10% 35% 3.5%
楽天 20% 30% 6.0%
その他 20% 40% 8.0%
合計 100% 27.5%

 

※売上構成比×粗利率=相乗積
相乗積を上から合計した数値が全体の粗利率
相乗積は利益貢献指数とも言える。

最初はガツンとAmazonで稼ぎ
その後、利益貢献指数の高いモールに
取り組んでいく。

いかがでしょうか?
最近MYCでも楽天、ヤフーの研究が
進んでいるようです。

SATSもだいぶ人数が増えてきており
いつ?門が閉まるかは私の師匠が決める事
ですので何とも言えませんが

今の内からSATS入会を検討すべきと思います。
ん・・・もう閉まってる?

私は販売代理店として師匠と取り組んでますので
小人数となると思います。
詳細はまたご案内させて頂きます。

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.